| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Water Strider

アメンボ
作品名:Water Strider
創作者:Brian Chan
折り手:六也
 用紙:カラペ(不切正方形1枚折り)
コンベンション2日目 3,4コマ 難易度★★★★

今回紹介するのは、Brian Chanさんの「Water Strider」(アメンボ)です。
細長い口や翅まで表現されていて、かなりリアルです。
Brianさんは研究でアメンボを飼われていたそうで、このリアルさにも納得。

教室は、折り図が配布されて、各自で折っていき、
質問があれば答えるという形式でした。
でも、みんな黙々と折っていて、ほとんど質問は無かったんですが。

折っている合間にBrianさんがアメンボの豆知識を教えてくれて、面白かったです。
しっかり聞ければよかったんですが、折るのに必死でちゃんと聞けなかったんですよね。残念。
というのも、(僕にとって)修業的な繰り返し折りがあって・・・。
Brianさんのすばらしい作品の裏には、こういう努力があったのかと納得しました。



今回、コンベンションに参加して、驚いたことはたくさんあったんですが、
一番驚いたのは、会場のいたるところで参加者が折り紙をしている光景ですね。

受付を済ませて全体会会場に入ると、みんな折り紙やってるんです。(当たり前なんだけど)
折り図集広げて、作品つくってたり、
作品見せ合っていたり、
創作している人もいたなあ。
中には歩きながら折っている人もいて。

どんだけ折り紙好きなんだと。

普通に生活していて、まずありえない光景だったんで、興奮しましたね。
というか、今まで生きてきた中で、自分以外に折り紙が趣味の人に会ったこと無くて。
衝撃的かつ、すごく嬉しかったです。

数分すると、その空気にも慣れ、僕も折り図集の作品を折り始めました。
自分の折り紙好きを再確認!



次はコンベンション3日目 1,2コマの北條高史さんの「チャボ」ですが、
web掲載NGということなので、写真では紹介できません。
細部まで表現され、面白い仕上げでふっくらとさせた、
かっこよく、かわいいチャボでした。

展開図講習だったんですが、北條さんの手助けもあって、
なんとか完成まであと少しというところまで出来ました。
ありがとうございました。


ということで、次はコンベンション3日目の3コマ目です。


スポンサーサイト

| Brian Chanさん | 18:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。